ココマイスターの鞄の特徴

鞄や財布などのブランド、ココマイスターは日本製です。
海外ブランドを押し分けて、最近、ココマイスターファンが増えて来ていますね。

メンズ向けの本格的な高級鞄のブランドを私は探したのですが、あまりないですね。この様にココマイスターの鞄は特徴的ですし、希少価値があります。

このサイトでは、ココマイスターの鞄が気になっているという方向けに、ココマイスターの鞄を実際に手に取って、私なりに情報をまとめてみました。

購入前に、是非、チェックして頂けたらと思います。

ココマイスターの鞄



 

ココマイスターの鞄の選び方

私たちは自分の好みだけで鞄は選びがちですが、ココマイスターの鞄の特徴を知ると違った見方が出来ます。

それにココマイスターの鞄だけではありませんが、人気の鞄は製造待ちになっていることが多いです。

待つだけの価値があるのか?

このサイトでは、この疑問を念頭に情報をまとめてみました。

 

再販売の時期を教えてもらう方法

ココマイスターは人気がある為、せっかく欲しいと思ったのに製造待ちになっている事がしばしばあります。

それで再販売になる時期を教えてくれるサービスを私は利用しています。
” 再販売お知らせメール登録 ”というサービスです。

登録しておくとメールが届くので、再販売のタイミングを教えてもらえます。

ココマイスターの各鞄のページの下部に下の画像と共に、再販売お知らせメールのページへのリンクがあります。

そこから簡単に登録が出来ます。



 

ブライドルレザーの鞄

私はうっとりする程、魅力をお感じるのはココマイスターのブライドルレザーの鞄です。

堅牢なブライドルレザーが私は好きです。

ココマイスター以外にもブライドルレザーの鞄をいくつか見てきましたが、中には武骨さが露骨に感じられる鞄が少なくありません。ブライドルレザーで、洗練された高級鞄を作るのはきっと難しいのだと思います。

その点、ココマイスターはすごいと思います。
ココマイスターの鞄では、ブライドルレザーの武骨さは影を潜め、むしろ高貴な雰囲気さえ感じられます。

例えば、ブライドルハンガーブリーフ
しっかりとした形が格好いいです。ブライドルレザーの堅牢性を活かし、形がしっかりした鞄です。ビジネスシーンにマッチする姿をしています。

私は特に持ち手と本体のジョイント箇所にほれぼれとしてしまいます。

馬具では、金属との組合せる箇所にもブライドルレザーは使われます。堅牢性がある所以なのでしょう。

ブライドル
それが、ブライドルハンガーブリーフに活かされています。ものすごくしっかりしていて頼もしいです。

また、持ち手のブライドルレザーが厚く、握るとギュっとしまるグリップ感が心地よいです。

この感触もココマイスターがブライドルレザーの特性を理解している証だと私は感じます。

 

参照)ブライドルハンガーブリーフ 詳細



 

また、下記の様にココマイスターのブライドルレザーには独特の色があります。しかも豊富!

私はブライドルハンガーブリーフを手にした時、楽しみが沢山あってワクワクしました。











 

旅行鞄

日本製で高級本革のメンズ旅行鞄というと、どんなブランドがあるでしょうか?

大小の品ぞろえと言い、質の高さと言い、私はココマイスター程のブランドは知りません。
最高級旅行鞄です。

現在、下記の8シリーズが揃っています。ボストンバッグ型の鞄は大きさが3種類です。

お手軽な旅行鞄

旅行以外にも、普段使いにも便利な大きさです。



 

連泊もOKな旅行鞄

結構な収納力なので、行楽シーズンの連泊旅行に合う大きさです。



 

長期旅行の旅行鞄

海外旅行 等、ちょっと長めの旅行向きの大きさです。


 

アタッシュケースの旅行鞄


 

特に私が注目しているのが、マルティーニダニエルオルークです。

なにしろ、形がいいです。日帰りで遊びに行くときにも持って行きたくなる鞄です。

 
ファスナーが柔らかくて、つい触ってしまいます。また、南京錠がついた所も、私は心くすぐられるます。

日帰り旅行もそうですが、ちょっと出かける時に持って行くのに丁度よい大きさです。

だから、下の様な細部にも楽しみがあるのが、いいなぁ・・・と私は思います。



 

鞄の修理

愛着のある鞄を修理して使い続けたい。

そう思う人は少なくありません。
ところが、鞄の修理を頼める所があまりありません。

ココマイスターは修理をしてくれます。
しかも、修理の内容によっては、無料で修理してくれる場合もあるそうです。


 
鞄の修理について記載されているページを見ると、ココマイスターのスタンスは、
ココマイスターの鞄はすべて自社開発品なので、職人が修理しますと記されています。

無料で入会できるココクラブという会があって、そこで修理もお願い出来る仕組みとのことです。

参照) ココマイスターの鞄の修理について

折角、買った鞄ですから、長く使いたいですからね。
購入した後も相談にのってくれるというのは、心強く感じます。